以下は、当サイトのシリーズ記事一覧へのリンクです。

涼宮ハルヒの憂鬱 無駄知識シリーズの記事一覧

NHK 受信料・受信契約に関する記事一覧

[日記/2004/July]

リブリエは正直どうかと / 2004-07-31 (土)

電子出版に意欲的に取り組んできた平井和正のファンである私は、平井和正が最近応援していることから、ソニーのリブリエについて調べてみました。

しかし、リブリエはBBeBというフォーマットしか表示できないと言う商品とのことです。また、データをBBeB形式に変換するコンバータは高価なもので、どうも一般的には手に入らないようです。
これでは青空文庫や、その他インターネットで無料で公開されている各種の文章を見る用途にリブリエを使うことはできません。
別に独自形式へのコンバータを無料または安価で用意できないのであれば、それはそれで良いのですが、せめてtext、html、画像ファイルぐらいは見れるようにしてほしかったです。

まあ、違法コピー対策なのでしょうが、それを言うなら同じソニーで作っているVAIOでは、そこまでの対策してなかったのにとか思っちゃうんですよね。

平井和正せんせーには悪いのですが、今回のリブリエは放置し、消費者はそのような製品を欲しがっていないとソニーに知らしめるしかないのだろうと思っています。

[ ツッコミの受付は終了しています ]
1: りん (2004/08/09 09:07)
Network Walakman (と VAIO Pocket)も、mp3ダメ、ATRAC3(plus) only だったりで、やっぱそういうのは消費者には受け入れられないと思いますね。
2: nonki (2004/08/10 00:37)
SONYは音楽の会社とか持ってるせいか、消費者ではなくそれらの会社を重視しているようです。
このようなこともあって、SONY製品は最近買わないのです。
現在のところ、LIBRIeも同様に買わないことになりそうです。
3: nonki (2004/08/10 21:19)
http://computers.livedoor.com/series_detail?id=249の記事によれば、データをBBeB形式に変換する個人向けのコンバータもそのうち出すことを検討しているようです。
ハードのスペックとしてはいいようなので、個人向けのコンバータが出てくれば購入してもよさそうです。
この記事のリンク元 | 20 |

[日記/2004/July]

「地球樹の女神-最終版-」近日発売? / 2004-07-16 (金)

地球樹の女神は、平井和正著の小説です。1992から93年頃に徳間書店からハードカバー13巻で発売されていました。
平井和正は、幻魔大戦・ウルフガイシリーズなどで知られる作家であり、古くは8マンの原作、比較的最近の作品にボヘミアンガラスストリート・月光魔術団などがあります。

平井和正正式サイト「狼亭」のTOPイラストが 「地球樹の女神-最終版-」のイラストに変更されています。
正式発表はまだですが、近日中に「地球樹の女神-最終版-」の発売または発売日程の発表があるものと思われます。

高校時代に立ち読みで地球樹の女神を読んで以来の平井和正ファンの一人としては、 今度の発売(予定?)を楽しみにしています。

高校時代には角川書店の新書で発売されていて、6巻から先がでてないなと思っていました。
大学入学後、徳間書店のハードカバーで出版されていることがわかったので、 13巻ともを生協で取り寄せて購入したのを懐かしく思い出します。
もっとも、1巻はその当時でもう取り寄せが不可能だったので、古本屋で見つけて購入したのです。

古本屋でも全巻そろった状態では見つけにくいでしょうから、 最近平井和正ファンになった方など持っていない方も多いかも知れません。
私は、平井和正の作品の中でも一番好きな作品が地球樹の女神なので、購入をおすすめしちゃうのですよ。

とはいえ、今回もおそらく電子書籍だけなので、目にちょっと優しくないかも知れません。
専用の端末を購入すると目にも優しいらしいのですが、そこまでするかは考え中です。

[ ツッコミの受付は終了しています ]
1: nonki (2004/09/28 22:26)
ウルフガイ・ドットコム(http://www.wolfguy.com/)の参加者の書き込みによれば、10月頃発売予定だとのことです。
(公式発表は、私には確認できませんでした。)

[日記/2004/July]

友達の結婚式に行って来ました / 2004-07-11 (日)

昨日、友達の結婚式に行って来ました。

幼稚園以来キリスト教に縁のない私ですが、キリスト教の結婚式にはあまり違和感を感じなかったですね。 やはり幼い頃のすり込みは恐ろしい?

結婚式など終わった後、大学時代の同期と喫茶店に行きました。
その後、成り行きで、今日結婚式をした夫婦・その友達で私の友達でもある夫婦・私の5人で 夕食を取ることになりました。
新婚旅行は結婚式から数日後に出発とのことで、今日結婚式をしたところですが時間的には結構余裕があるようです。
どちらの夫婦も仲良さそうでほほえましいなとか思って見ていたのですが、 私だけ一人なのは全く気にしていませんよ?!
いや、頼むから気にするな。

人をたくさん呼ぶ結婚式もそれはそれでいいなと言うか、その前に私には相手がいないよなとか 色々考えていた今日この頃でした。

[ ツッコミの受付は終了しています ]
1: お茶犬 (2004/07/14 23:55)
あいやー、独身貴族を満喫しているのかと思った。
気遣い無く申し訳ない。
携帯ストラップがきっと幸せを運んでくると推測します。
ワン。
2: nonki (2004/07/16 00:33)
いや、まあ半分ネタですし、気遣いは無用なのですよ。

[日記/2004/July]

遺跡への落書きは禁止ですよ / 2004-07-09 (金)

今日の朝日新聞夕刊に面白い記事があったのでそれについて少し。

奈良文化財研究所が、カンボジアのアンコールワットに17世紀ごろ書かれた日本人の落書きを 赤外線カメラで撮影の上、解読結果等をシンポジウム「東南アジアの日本人町」で発表したとのことです。

まあ、日本人というのは昔から遺跡に落書きしてたのねと感心していましたが、これが残っているから 江戸時代初めの日本人が朱印船で訪れた状況等の研究にも役立つようです。

だからといって、皆さんは遺跡への落書きは禁止ですよ。
当時とは比較にならない海外渡航者数になった日本人が、 みんな落書きしたら遺跡がひどく損傷してしまうのですよ。


[日記/2004/July]

久しぶりに見る「時をかける少女」 / 2004-07-04 (日)

今日、近くの本屋で久しぶりに「時をかける少女」を見た。といっても、何かマンガになってるし。(全2巻)
絵もかわいい感じ(萌え系)でいいし、面白そうだから買ってみました。

昔、時をかける少女の原作小説も読んだことがあったんだけれど、 ほとんどあらすじ忘れてたし、オリジナルの展開も入ってたようで結構楽しめました。
さすがに原作の1960年代では古すぎるのだろう(40年前!)。 作中の時代も現代に移し、原作では中学生だった主人公達は高校生となっている。

しかしだしかし、そのおかげでマンガ内に出てくる先生がたが生徒だった時代が
私の生徒だった時代に重なるではないか!

気付いた瞬間に非常に大きな衝撃を受けてしまった。私が生徒だった頃からそんなに時間がたってしまったというのか。