以下は、当サイトのシリーズ記事一覧へのリンクです。

涼宮ハルヒの憂鬱 無駄知識シリーズの記事一覧

NHK 受信料・受信契約に関する記事一覧

(注意)2011年に放送法が改正されたので、それ以前のNHKに関する記載は現状にそぐわない可能性があります。

[NHK]

受信料制度はそろそろ根本的に変えた方がいいと思うのですが? / 2005-10-20 (木)

NHK改革、具体像明示を・参院総務委が決議(日経新聞)とのことです。以下に引用します。

NHK改革、具体像明示を・参院総務委が決議

 参院総務委員会は20日午後、NHKが発表した経営改革計画「新生プラン」について、より具体的な改革像を早急に明示することなどを求める決議を採択した。簡易裁判所を通じた受信料支払い督促などについては、国民の意見に10分配慮した慎重な検討を要請。公共放送のあり方をめぐっても、広く国民の意見を聴取し検討すべきだとしている。 (14:01)

そもそも、現在の受信料制度は、放送の黎明期に作られたことから、NHKを放送普及の要とするなど、今となっては時代錯誤の制度です。また、長年NHKの集金担当者が、制度の真の目的について正しい説明をしないまま法律を盾に取った受信料の集金活動を繰り広げた結果、受信料制度へのコンセンサスが失われてきています。
今更、少々NHKが努力してどうなる話でもありません。

国会議員の先生方には、受信料制度の本来の目的である、全国でできるだけ同額の負担で国民が情報を共有できるようにしつつ、多くの人の納得が得られる制度を作ることに議論を集中してほしいのですがね。通信が放送の代替になりうる現在において、今のような放送のことしか考えていない制度は時代遅れだと思うのですよ。

国会議員の皆さんには、役に立つか不明の決議を採択するのでなく、受信料制度に変わる時代に合致した制度案を作って国会に法案を出してほしいのですがね。

おまけ

「国民の意見に10分配慮した慎重な検討」って、10分しか配慮しないのかョ?

[ ツッコミの受付は終了しています ]
1: ひまわり (2005/10/21 23:29)
そうですね。10分では、配慮をしたことになるとは思えないのですが。とまあ、100日配慮しても大して変わりのないような。時間の問題ではないと開き直りましょうか。
2: nonki (2005/10/22 22:17)
そのうち気づいて、日経の記事が 十分 か 充分 に直るかと見ていたのですが、そのままですね。
まさか、参院総務委員会の決議そのものに「10分」と書いてあるんじゃ無いだろうな?
3: ひまわり (2005/10/24 02:56)
そういえば、NHKの受信料問題で白黒契約(これを普通という)について国会で取り上げられていましたが、まもなく地上デジタル放送が始まれば、普通契約はすべてなくなるということになるのでしょうかね。また、NHKの受信契約自体は、地上デジタル放送に変わって何か変わるということはあるのでしょうか。ちなみに、私はほとんど腹黒くないですが、実は、見栄を張って偽って回答しているから相当奥の方は真っ黒なんだと思います。
4: nonki (2005/10/25 23:21)
今となっては種類分け自体が無意味でしょうが、普通契約は白黒テレビという状況が続くでしょう。画面表示の際に白黒ならば普通契約なので、途中の回路がカラー信号を処理していても関係ないでしょう。現在の情勢で種類分けするなら、ハイビジョンと旧来サイズの画面で費用の差をつけるのなら妥当とは思います。
その委員会質疑は一部聞いていました。個人的には、NHKの人が「NHKは日本放送協会受信規約による契約をお願いする立場」と言った後に、「受信機設置者が日本放送協会受信規約以外の条件で契約を望んだ場合はどうなるか」を質問してほしかったです。
私は、技術の進歩と日本の先進国化に伴って、現在の受信料制度は時代錯誤な政策になってきたと考えているので、時代に即した新制度を考えてほしいですね。
この記事のリンク元