以下は、当サイトのシリーズ記事一覧へのリンクです。

涼宮ハルヒの憂鬱 無駄知識シリーズの記事一覧

NHK 受信料・受信契約に関する記事一覧

[日記/2009/May]

涼宮ハルヒの憂鬱 - 無駄知識その2 / 2009-05-31 (日)

さて、本記事は、涼宮ハルヒの憂鬱に関する無駄かもしれない知識を書き連ねていくコーナーです。必ずしも作品その物の内容ではないところや、作者の谷川流氏が小説を書く際に脳裏をかすめたかもしれないようなことを無駄に掘り下げて行くのが本シリーズの目的となります。

なお、涼宮ハルヒ無駄知識シリーズの一覧は、「涼宮ハルヒの憂鬱 - 無駄知識シリーズの記事一覧」をクリックしてください。

さて、今日は前に書いた涼宮ハルヒの憂鬱 - 無駄知識その1で記載の光陽園駅前公園の続きを書くところから始めましょう。

光陽園駅前公園続き

光陽園駅前公園のモデルとなったかも知れない「A公園」とは、「磯田公園」でした。([雑記]その公園は「磯田公園」と呼ばれていたによる。)さすが正しい表記がわかれば、西宮市議会の議事録でも検索に引っかかります。
西宮市議会の議事録によれば、土地を借りて磯田公園としていたが、期限が来たときに借り続けることも買うこともできなかったので遊具を撤去して土地を所有者に返したことがわかります。

[雑記]その公園は「磯田公園」と呼ばれていたのコメントで、ぎをらむさんが「近くにあった邸宅」が鶴屋邸(涼宮ハルヒシリーズ)や逆瀬川家(電撃!! イージス5)のアイデアの一部ではないかとの話をされていますが、同じく谷川流著作の 絶望系 閉じられた世界 に出てくる確か烏衣邸の邸宅ぶりの描写にもこの邸宅が反映されている可能性があるような気はします。(お手伝いさんの家が近所にあるなど。)
まあ、私自身が 絶望系 閉じられた世界 を数回しか読んでいないのでうろ覚えですが。

涼宮ハルヒの憂鬱のカバー?

涼宮ハルヒの憂鬱の新刊ってどれ?では、2chのアニメ板から取ってきた新刊カバー??が5つほどアップされています。

最後の「ながとと!5」がどんな作品なのか是非見てみたいと思いますがそれはそれとして、一番上のなぜか早川書房になっている「涼宮ハルヒの憂鬱」のカバーは、2ch等の掲示板でたまに貼られているやつです。

これは向こうの1023の人が

一番上は、角川文庫版「幻魔大戦」、加藤直之イラスト版の改変っぽい。

と言っているのが正解です。当家にある本を確認したところ、角川文庫版「幻魔大戦13 魔王の誕生」で1981年10月10日発行の初版でこのカバーの改変前のものが使用されていることが確認できました。(なお、違う版では別の方の描いたカバーを使っている場合もあると記憶しています。)
改変前の絵は幻魔大戦の井沢郁江か久保陽子だと思います。今のライトノベルと違ってキャラごとに一目見てわかるような特徴をつけたりはしませんので、この絵を一目見てわかる女子高生であること以外は書籍の内容で判断する以外ありません(でもよくわからない)。なお、改変後は明らかに涼宮ハルヒです。

ちなみに「幻魔大戦13 魔王の誕生」の内容ですが、本に記載のあらすじによると、

GENKEN事務所に屈強な四人の男が入ってきた。鋭い目付きや黒背広の彼らは一目でヤクザとわかる。ひときわ貫禄のある男が、会長のじょうに会いたいと申し出た。以前、郁江いくえ高鳥たかとりに痛めつけられた手下のことで因縁をつけに来たのだ。男は、素直に応じなければ会の醜聞スキャンダルにして外部に流すとおどし始めた。受付の女性たちはおびえきって満足に応待できない。

その時、執務室から郁江が出てきた。彼女は、その場の様子を一瞬のうちに察知すると、「先生には後で説明するわ」と言い残し、外に待機する彼らの車に平然と乗り込んだ……。

組織の存亡にかかわる危機を丈はどう乗り切るのか? 好評のシリーズ第13弾!

なお、上記の郁江が言う「先生」は、GENKEN会長の東丈あずまじょうのことです。

スキャンダルで脅す……。
どっかで聞いたことのある展開なのですが。えっと、たぶんこんな感じ?

SOS団に数名の男子生徒たちがやってきた。先祖代々成仏に失敗した背後霊のように群がっている彼らは一目でコンピュータ研究部とわかる。部室の敷居しきいまたごうとしないコンピ研の部長氏が、勝負を申し出た。以前、ハルヒに強奪されたパソコンのことで決着をつけに来たのだ。ハルヒは、素直に応じなければ「ある事」をコンピ研の醜聞スキャンダルにして外部に流すとおどしてパソコンを強奪していたのだ。コンピ研部員たちはおびえきって満足に応対できていなかった。やれやれ。

その時、外からハルヒが帰ってきた。彼女は、その場の様子を数回のやりとりで察知すると、「ちゃんと説明しなさいよ」と言い放ち、外にコンピ研部員を残して部長氏一人を文芸部室へ引きずり込んだ……。

世界の存亡にかかわるかもしれないパソコンゲームでの勝負をキョンはどう乗り切るのか? 

どう見ても涼宮ハルヒの暴走の「射手座の日」に「涼宮ハルヒの憂鬱」2章のパソコン強奪部分の説明を足した案内ですね。

当サイトでは、過去にもわたし的 涼宮ハルヒの解題などの記事で「涼宮ハルヒシリーズは幻魔大戦のオマージュではないか」と考えていました。わざと「幻魔大戦」と類似の登場人物と類似のシチュエーションを用意して、しかし谷川流的な展開を見せるのが「涼宮ハルヒシリーズ」なのではないかと認識しています。
上記のように対応させると、軟弱そのもののコンピ研が、武闘派で超能力者の巣である幻魔大戦の無名塾に対応することになりそうですね。全く理由は違うのですが、両組織ともほとんど男しかいないところも興味深いところです。
これでホントに正解なのかな?

まとめ

2回目も案の定、無駄知識の羅列となりました。少しでも涼宮ハルヒの憂鬱の「裏側」を楽しんで頂ければ幸いなのですが、どうだったでしょうか?。
次回も無駄知識をお楽しみに。

追記(2009年6月7日13時頃)

「涼宮ハルヒの憂鬱のカバー?」の記事を修正しました。

[ ツッコミの受付は終了しています ]
この記事のリンク元 | 14 |

[日記/2009/May]

涼宮ハルヒの憂鬱 - 無駄知識その1 / 2009-05-25 (月)

さて、突如始まったこのシリーズは、涼宮ハルヒの憂鬱に関するかもしれない無駄知識を書き連ねていくコーナーです。必ずしも作品その物の内容ではないところや、作者の谷川流氏が小説を書く際に脳裏をかすめたかもしれないようなことを無駄に掘り下げて行くのが本シリーズの目的となります。

なお、涼宮ハルヒ無駄知識シリーズの一覧は、「涼宮ハルヒの憂鬱 - 無駄知識シリーズの記事一覧」をクリックしてください。

さて、サンテレビでは涼宮ハルヒの憂鬱第2期の始めを飾る作品として「笹の葉ラプソディ」が放映されましたので、今日は「笹の葉ラプソディ」に関連する無駄知識を掘り下げていきましょう。

光陽園駅前公園

昔、作者の谷川流さんが中学生から高校生の頃ぐらいまであった公園(名前覚えていないし、以下A公園とする)が配置場所のモデルなのではないかなぁと思ったりもしています。A公園に甲陽園駅から行くには通常階段を上る必要があるので駅前と言うには遠いのですが、それでも甲陽園駅の近くに現在あるどの公園よりも駅に近いです。
A公園から坂道を降りて行くと以下の風景となり後に大社たいしゃ中学校前に至るのは許容範囲内ですが、大池公園から以下の風景を経由して大社中学校に至るのは、少なくとも実際の地形上はあまりにも不自然です。


アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」2009年放映版第8話より。角川がyoutubeで公開している動画で10:42ぐらいの部分。

A公園は、公園でなくなってから十数年程度を駐車場として過ごした後、涼宮ハルヒの憂鬱がアニメ放映される直前には住宅地として造成され、現在は完全に住宅となっています。(よって、アニメ化のスタッフは駐車場となっていた元A公園を見た可能性はあります。)
なお、A公園の内部の風景は、アニメの光陽園駅前公園とは全く異なります。まず、光陽園駅前公園の地面は石が敷き詰めてありましたが、A公園は地面がすべて土でした。また、光陽園駅前公園にはイスが並んでいましたがA公園の中は遊具だらけでイスもほとんど(又は全く)ありませんでしたし、光陽園駅前公園は全体として長方形に見受けられましたがA公園は長方形ではなかったですね。

アニメ中の台詞で「そこの線路沿いを下って」と言っていますが、そう言うほどA公園は線路沿いではないですので、光陽園駅前公園は光陽園駅西ぐらいの位置にある想定の架空の公園と考えた方が素直で良いかもしれません。

東中学校

中学生の涼宮ハルヒが乗り越えようとしている市立東中学校の門は、どう見ても大社たいしゃ中学校の北にある門と同じです。


アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」2009年放映版第8話より。角川がyoutubeで公開している動画で10:58ぐらいの部分。

ご丁寧にも、上で赤丸にて囲んだところが欠けているのも実際の大社中学校の門と同じです。実際の大社中学校の門の写真は、例えばきーぼーさんの涼宮ハルヒの憂鬱8話「笹の葉ラプソディ」の舞台などに掲載されていますが、そちらの写真を見ても不自然に切り取られていることがわかると思います。
さてここからが今日の無駄知識です。

これ、欠けている理由は何かというと、「交通事故防止」なのです。これまた昔話ですが、中学校の生徒さんが中学校の中から走って前の車道にかけだして事故になったことがありました。交通量がそれなりにある車道ですが、幸い命に別状はなかったと記憶しています。この事故を教訓に、事故防止のために見通しをよくしようとコンクリが切り取られた跡が、上記の欠けた部分なのです。

実は一部の方を中心に有名な、大社中学校正門にある「死ぬなケガすな病気すな」という標語の石碑も「交通事故」関係の物です。こちらは正門を上の坂から駆け下りた生徒さんが止まれなくて車道にかけだして事故になったという話です。
ただ一つ違う点として、この生徒さんは「亡くなった」と聞いています。それで親の願いを込めて建立されたのが「死ぬなケガすな病気すな」なわけです。

小学6年生

無駄知識とはいえこれだけでは気が引けるので、もうちょっとは作品に関係するかもしれない無駄知識を「笹の葉ラプソディ」以外から一つ。

小説の涼宮ハルヒの憂鬱では225ページにあり、アニメでは涼宮ハルヒの憂鬱5に出てくる、小学校6年の時に野球を見に家族で野球場に行った時の観客の多さを見て、「自分が世界で一番楽しいと思っていたクラスは、どこにでもありふれたクラスだった」と気づく下りですが、私はこれは谷川流氏の実体験を元にしていると考えています。

それも、西宮市立小学校に通う児童が小学6年生に体験する小学校連合体育大会(通常略して「小連体」)という学校行事が元であると考えます。小連体とは、西宮市立小学校に通う小学6年生を甲子園球場に集めて数ブロックに分かれて組み立て体操をしたり、リレー等の行事を行ったりするものです。組み立て体操をするなど、行事をするときは球場のグラウンドに入る(甲子園の土を踏む)のですが、他校の組み立て体操を見る時には観客席に学校ごと、クラスごとに分かれて座ります。当然他校の児童も観客席に座っているので、他校の児童やそのクラスがどのような感じであるかも遠くに見ることができるわけです。
ところが、西宮市以外の市では、「小連体」と称して「甲子園球場」に市内全部の小学6年生が集まり、学校ごと、クラスごとで観客席に座り、そこで他の人がする行事を見学すると共に、球場のグラウンドに行って組み立て体操をしたり、各種競技を実施するという体験は当然ないわけです。
類似の行事をする自治体はそれなりにありますが、修学旅行のように日本国内のほとんど全員がしている学校行事とまでは言えないでしょう。そのため、「小連体」ないしは類似行事についての感想などを小説内で記載するならば、行事内容をある程度簡潔に説明する必要が出てくるのですが、小説のこの部分でそこまで説明するわけにもいかないと判断して、「親父が野球場に連れて行った」シチュエーションをわざと作って、「計算結果」として「自分が世界で一番楽しいと思っていたクラスは、どこにでもありふれたクラスだった」と気づくことになったのだと思います。

本来ここに来るはずだった描写はもっと直感的なもので、「自分が世界で一番楽しいと思っていたクラスは、どこにでもありふれたクラスだった」と隣や向こうの方の観客席の他校の児童を見て気づいたという話だったのだろうと思います。それを頭に入れてこの部分を読み返すと、少し印象が変わるでしょうか?それとも別に何も変わりませんかね?
「小学校6年の時」が残っているのは、谷川先生から西宮市立小学校に通った人へのヒントなのかもしれませんね。

まとめ

一回目は案の定、無駄知識の羅列となりました。少しでも涼宮ハルヒの憂鬱の「裏側」を楽しんで頂ければ幸いなのですが、どうだったでしょうか?。
次回も無駄知識をお楽しみに。

追記(2009年5月28日23時頃)

きーぼーさんが本記事を見て掲載された、小連体でハルヒは甲子園に行ったはずでは、上記の東中学校の門につけた赤丸に対応する部分に同じく赤丸をつけた写真を掲載されています。

なお、今回の追記時に、記事本体も誤字含む細部を修正しています。

追記(2009年6月8日21時頃)

某所で「大社中」の読みを勘違いされた方がいるとの書き込みを見たので、当方の記事に振り仮名をつけてみました。

追記(2009年6月12日23時頃)

上記画像の引用元が記載されていなかったので記載。

[ ツッコミの受付は終了しています ]
トラックバック (3)
この記事のリンク元 | 130 | 55 | 48 | 6 | 4 | 3 | 2 | 1 | 1 | 1 | 1 |

[日記/2009/May]

明日こそ最速サンテレビを見よ / 2009-05-21 (木)

笹の葉ラプソディっ!(挨拶) [1]

待ちにまった日がついに来ます。
涼宮ハルヒの憂鬱「笹の葉ラプソディ」明日放映(らしい)です。

当家ではテレビ埼玉は映りません。家のある場所からして当然ですが。しかしながら、今回最速放映(ですよね)となるサンテレビが映ります。[2]
また、明日は野球が前にないので延長で時間変更もありません。
画面が超額縁なのは非常に残念ですが、最速で見れるので納得しようと思います。

注釈

[1]どう見てもモデルチェンジ - 新世紀のビッグブラザーへ blogのパクリです。 謝罪はするが賠償はしない。

[2]法律的に厳密に言うならば、私が加入している有線放送局がサンテレビの放送を受信した上で有線放送局の有線放送として再送信したものが見れるという意味です。 このサイトの他の記事的に、一応厳密に書いておきますよ。


[日記/2009/May]

ピースボートの言行不一致ぶりにワラタ / 2009-05-17 (日)

ちょっち古いネタですが、

「反対…でも守って」海自がピースボートを護衛(2009年5月14日産経新聞)

ピースボートは海賊対策での海上自衛隊派遣に反対している団体ですが、そのピースボートの船旅の旅客船が海上自衛隊が護衛する船団にはいることが決まったとのことです。ピースボートではなく、船旅の企画運営会社が護衛を依頼したと言うのですが。

せっかくの機会ですから、まずは船旅の参加者、次に船旅の企画運営会社、最後にソマリア沖の海賊をお得意の言論で説得して、海上自衛隊の護衛なしに安全に航行する姿を見せていただければ、私も無防備派に転向したかもしれないのに。

でも、地元の住人を説得したと称して、ソマリア沖の住人「有志」に「密着警備」をしてもらい、密着警備に対する対価としての「お金」を払って安全に航行するという斜め上をしてくれたかもしれませんね。これはこれで他人事としてなら見てみたかった気もします。もちろん、この方法で安全に航海する気なら、海賊をしている人にお金を払って航海することになりますが。
念のため言っておきますが、この場合は無防備派には転向しませんよ。事前に脅し取られているに等しいですからね。

と言いつつピースボートの船旅に関する状況について調べてみると、何回か前の航海では船を航海途中で修理したとか、船長が4回交代したとかあまりいい話を聞かないですね。
自己の主張を完遂するために海上自衛隊に護衛を頼まなくても良い航路に変更したり、ソマリア沖の住人「有志」に「密着警備」の「対価」を払うより、海上自衛隊に護衛を依頼した方が安上がりという非常にドライな判断をされたような印象はあります。
まあ、そのかわりに世間からの失笑を買ったような気はしますが。


[日記/2009/May]

マンションいかがですか / 2009-05-10 (日)

数日前に以下のお電話が。

「節税対策に大阪のマンションいかがですか」

私の返事は「いや、もう節税しているので不要です。」
正直マンション勧誘の電話は鬱陶しいだけなのでさっさと断ったわけですが、今年初めに扶養控除を始めとする税金関係を見直して、ある程度税金が減ったのは本当なのですよ。

これ以上節税するとなると、それこそ本当にマンションでも買うか、同人誌を年1以上発行するなど、何か事業をするしか打つ手がなさそうなのは確かでして。すると、見かけ上ないしは本当の赤字により、払わなければならない税金が減っていくという事象が発生します。(もちろん事業内容によっては黒字で税金を払う必要が出てくる場合もありますが、そこまで儲かるならちゃんと払えば良いわけです。)
でも、今年初めの「節税対策」のおかげで、今残っている税金のためにそのような大事をする気にならないほどには税金が少なくなっています。おかげで我が家にある書籍『「無税」入門』は役立たずに……。

まあ、大阪のマンション買うぐらいなら、一部で話題になっていた「長門有希のマンション」でも購入するさ。(アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」で登場人物の長門有希が住んでいるマンションの外見上のモデルとされるマンションの一室が、2008年ごろに売り出しされていたそうです。当然、数千万円の買い物になりますが。)
幸い元地元民だから土地勘はあるし、親が昔付近に住んでいた頃につきあっていた不動産屋が今もいらっしゃるみたいだから、安心安心。
まあ、どう考えても部屋の使い道が近所迷惑になりそうな気がするので自重しておきますが。