以下は、当サイトのシリーズ記事一覧へのリンクです。

涼宮ハルヒの憂鬱 無駄知識シリーズの記事一覧

NHK 受信料・受信契約に関する記事一覧

[日記/2005/November]

最近更新さぼってましたね / 2005-11-14 (月)

更新さぼってた間のことなどをメモ書き程度に。順不同です。

まゆら復活

あの「何か wiz まゆら」が、公式ヒストリー作品集「MAYURA MANIACS」で復活しました。価格は1000円とお手頃で、中身も好評な模様です。(まだ買っていないので伝聞)
詳しくは、公式サイトとかを参照。

なお、「何か wiz まゆら」は、「伺か」(旧名称「何か」)およびその互換ソフト上で動くゴーストです。

日本放送協会(NHK)の民営化を考える会

自民党の有志議員が、日本放送協会(NHK)の民営化を考える会を作ったとのこと。

意見募集中とのことなので、NHKについて考えるところのある人は是非メールを投げましょう。私は文章がまとまっていないので投げていませんが、そのうちメールを投げてみたいですね。

楽天の件

楽天がTBSを買収しようと経営統合しようと株を20%近くまで買い進めています。しかし、安定株主が50%以上になったとも言われ、楽天が財務的に厳しいとされる現状では、経営統合はうまくいかないでしょうね。

ライブドアの場合は、フジサンケイグループの不手際もあってか「名誉ある撤退」が可能でしたが、楽天は場合によっては「不名誉な撤退」に追い込まれるかもしれません。

平成電電の件

平成電電支援、ソフトバンクやUSENが名乗りや他の記事によれば、ソフトバンクグループ・ライブドア・USEN・ドリームテクノロジーズ(平成電電が筆頭株主)などの企業が、平成電電の支援に名乗りを上げているそうです。

前に本日の驚いたことで書いたように、平成電電を使っている私としては、支援候補企業がたくさん出てきているのは早期の問題解決につながる可能性が大きくなるので望ましいですね。

後気になるのは、匿名組合を使って個人投資家をはじめとする人々から8~10%の利息を謳って集金したお金がどのようになるのかです。別に私は出資していないのでどうでもよいとも言えるのですが、詐欺ではないかと主張している人もいるようで、話の行方によっては平成電電の業務へ悪影響が出てくるかもしれないという点は気になります。
私自身は、今のところ経営の見通しが甘かっただけだろうとは思っていますが、損をした出資者にしたら簡単には納得できないでしょうしね。

なお、平成電電の支援候補に楽天が上がってこないのは、やはり財務的に厳しいからかなと考えてしまうのは邪推でしょうかね?

サイト移転

私が持っている学生自治会関連のサイトを、このサイトと同じサーバに移転。
そろそろネタ切れな気もするんだけどね。

[ ツッコミの受付は終了しています ]
この記事のリンク元