以下は、当サイトのシリーズ記事一覧へのリンクです。

涼宮ハルヒの憂鬱 無駄知識シリーズの記事一覧

NHK 受信料・受信契約に関する記事一覧

[日記/2005/October]

腹黒度チェックをやってみた / 2005-10-22 (土)

某所で見つけた腹黒度チェックをやってみました。

あなたの【腹黒さ】はこんな感じ!

あなたの腹黒度は最高レベル【心身ともに真っ黒な人】のようです。

生まれ持って腹黒な気質のあなた。善人のかけらもないようです。
それはもはやあなたのせいではありません。
あなたにとっては自分の欲望に忠実に生きているだけで、自分が腹黒いという自覚さえないかも知れないのです。
しかし広い社会において、あなたの存在はきわめて危険度が高いといえるでしょう。
もはや更生することは不可能ですから、これからも素のままのあなたで生きてください。

魂の黒さ  100%
心の黒さ  100%
ルックスの黒さ  53%
輝く白さ  83%

どうしたらいいんだ。orz


[日記/2005/October]

本日の驚いたこと / 2005-10-04 (火)

さて、そろそろNHKについて何か書いてやろうと思っていた矢先に、驚くべきニュースが入ってきました。

割安な固定電話サービス「CHOKKA」で知っている人は知っていた平成電電ですが、平成電電、民事再生を申請 負債総額1200億円という事態に陥ったようです。

なぜこれが驚くべきニュースかと言えば、我が家の電話回線のうち一本が平成電電のCHOKKAだからですよ。
サービスは引き続き提供して貰えるようなので、引き続き使用する予定です。

我が家がCHOKKAに加入したときには、既に日本テレコムのおとくライン等も始まっていました。その中でなぜCHOKKAにしたかというと、安いことはもちろんですが、直収サービスを日本テレコム等もはじめている以上、万一倒産してもどこかが買い取って引き続きサービスを提供してくれるだろうとの読みがあったのです。
まさかこんなに早く法的処理に追い込まれるとは思っていませんでしたが。

まあ、今から考えると、匿名組合をつかって不特定多数から資金調達行っていたのはちょっぴり怪しげでしたよね。
利息が10%と、このご時世に結構がんばっていましたが、それだけ分リスクもあったと言うことでしょうね。

[ ツッコミの受付は終了しています ]
この記事のリンク元 | 1 |

[日記/2005/October]

涼宮ハルヒシリーズの舞台ってば…… / 2005-10-02 (日)

おまけで買った本が面白いのですよに書いたとおり、涼宮ハルヒの陰謀が面白かったので、シリーズ全部を買ってきて読んでいました。

ところが、涼宮ハルヒの消失を読み始めたところで気付くわけです。
光陽園学院???
中学の頃まで、兵庫県西宮市は甲陽園駅の近くに住んでいた私としては偶然の一致ではないという気になるわけです。作者は兵庫県出身らしいし。 確かに本を読み直してみると、涼宮ハルヒシリーズの中に出てくる学校などは、名前を変えているところもありますが実際の甲陽園付近の状況に酷似しています。

googleで検索すると、やはり指摘されている方がおられました。例えば、谷川流総合ファンサイトZOZ団の舞台についての記事にまとめられています。

上記サイトに書いていないところでは、涼宮ハルヒの消失P161-163に出てくるコンビニは、おそらくは今は無きローソン獅子ヶ口店で間違いないでしょう。
たしか、1年ほど前に久しぶりに通りかかったときにコンビニが無くなっているのに気づいて驚いた記憶があります。このコンビニは夙川学院短期大学の近くにあり、お客がいなくなるとは考えにくかったからです。(なお、作中の光陽園学院の元になったと思われる、夙川学院高校はもう少し南に校舎があります。)

涼宮ハルヒシリーズは今後アニメ化もされるようですが、甲陽園付近の風景を使ってアニメ化されるかどうかが私的には注目しているところです。

追記2006年07月24日

ご存じの方は多いでしょうが、涼宮ハルヒシリーズは甲陽園付近を含む西宮市の風景を多く使ってアニメ化されました。

なお、涼宮ハルヒの消失は今回のアニメ化の対象にならなかったので、アニメでは、涼宮ハルヒの消失P161-163に出てくるコンビニは見れませんでしたが、この場所だと思います。今はコンビニでないお店のようです。

追記2007年10月26日

上のリンクでは場所が表示されなくなっているので、以下に地図を載せます。ポイントの表示の仕方がよくわからないので、以下の地図で真ん中の建物と言うことでよろしく。


拡大地図を表示

[日記/2005/September]

おまけで買った本が面白いのですよ / 2005-09-24 (土)

ここ数回とはころっと話題が変わりますが。
最近、古本屋によっていわゆるライトノベルを3冊買いました。買いたい本は2冊だったのですが、その古本屋は3冊以上買うと半額にしてくれるとのことだったので、おまけにもう一冊つけて3冊買ったのです。

ところが、そのおまけで買った涼宮ハルヒの陰謀が面白いのですよ。
通常、シリーズものを買うときは1巻から買うのですが、今回はおまけで買った本なので、いきなりシリーズの7巻目から読むという暴挙にでました。
前の話を見ていないのでわからないところも多かったですが、わからないなりに楽しめました。タイムトラベル物を読んだのが数年ぶりだったのもより楽しめた原因だったかもしれません。

これの前に読んだタイムトラベル物の小説は、図書館で読んだアイザック・アシモフの永遠の終りだったはずです。そういえば、このへんのSFも最近読んでなかったですね。

おまけ

なぜに「いわゆるライトノベル」と書いているかですが、作家さんの中にはライトノベルと言われることをよく思っていない人が少なからずいるのですよ。
作家の視点から見たこの辺の話は、例えば久美沙織『創世記』第15回「“ライトノベル”ってなんなのさ?」に書かれています。

まあ、今回買った本は3冊ともライトノベルという名称ができてから作家になった人のようですので、この辺の呼び方には理解もあるでしょうが、私自身少し違和感あるので「いわゆる」と書いておきます。

おまけ2

奥付によれば涼宮ハルヒの陰謀の発売日は平成十七年九月一日なのですよ。
実際はもうちょっと早めに本屋に出回っているのでしょうが、それにしても1月も経つか経たないかで古本屋に売るのはちょっと早いんじゃないかなあ?
そのおかげでこの本に巡り会えたので、まあいいのですが。

[ ツッコミの受付は終了しています ]
この記事のリンク元 | 1 |

[日記/2005/August]

そろそろ通常営業に復帰ですかね / 2005-08-28 (日)

さて、Google主催の新党日本祭り?でカウンタが回りまくってた我がサイトですが、そろそろ落ち着いてきたようです。
要するに、新党日本結成から2日目まではGoogleで「新党日本」を検索すると、新党日本公式サイトではなく我がサイトの記事(新党日本?)がトップになっており、1日で10000カウントほど増加するという我がサイトとしては驚異の事態が発生したのですよ。

新党日本公式サイトは、政党結成から丸1日ぐらい公開されていなかったこともあり、Googleトップになるまでに3~4日かかっていたようです。

[ ツッコミの受付は終了しています ]
この記事のリンク元 | 1 |