以下は、当サイトのシリーズ記事一覧へのリンクです。

涼宮ハルヒの憂鬱 無駄知識シリーズの記事一覧

NHK 受信料・受信契約に関する記事一覧

[日記/2009/September]

嘘映画のお知らせ / 2009-09-27 (日)

最近、2ch界隈で「涼宮ハルヒの消失」映画化に備え、某病院に取材を申し込んだとか言う書き込みがあったようです。当然、公式に明らかになる種の情報ではないので事実関係は不明ですが。
それはともかく、今日は「笛育シネマシアター上映作品リスト」から興味深い嘘映画を紹介します。

幻魔大戦 プリンセス・ルナの憂鬱 - 笛育シネマシアター(嘘映画)
登場人物は基本映画版幻魔大戦準拠なんだけれど、お時は新幻魔大戦・真幻魔大戦の登場人物だし、幻魔大戦の作品群でエンドレスするとの設定もご愛敬です。

登場人物のルナのところには「元祖ツンデレ」と書いてあるのですが、私はルナ姫のデレているところは記憶にないのですが。あと、涼宮ハルヒの憂鬱の声優が割り振られているのですが、どうせなら東丈のお姉さんである東三千子の声優をキョン妹の中の人(あおきさやか)にして、弟の東丈を「ジョンくん」と呼ぶ「どう見ても小学校低学年にしか見えない姉」と言う強引な設定にしてほしかったですね。

[ ツッコミの受付は終了しています ]
1: 古賀 (2009/10/11 13:19) aki(あっとまーく)mbj.nifty.com
紹介どうも 笛育シネマシアター管理人の古賀です。

>お時は新幻魔大戦・真幻魔大戦の登場人物だし
いや、みくるに嵌りそうな人物がお時ぐらいだったので

>登場人物のルナのところには「元祖ツンデレ」と書いてあるのですが、私はルナ姫のデレているところは記憶にないのですが。

コミック版の最後あたりですごくデレます。

>どうせなら東丈のお姉さんである東三千子の声優をキョン妹の中の人(あおきさやか)にして、弟の東丈を「ジョンくん」と呼ぶ「どう見ても小学校低学年にしか見えない姉」と言う強引な設定にしてほしかったですね。

このアイデアすごくいいなあ。使っていいですか?
2: nonki (2009/10/11 22:42)
ようこそいらっしゃいました。nonkiです。

コミック版は、今年4月に出た秋田文庫を読んだのが最初なので、あまり読んでいなかったのが露呈してしまいましたね。

実のところ「どう見ても小学校低学年にしか見えない姉」のアイディアは、2chの盛り上がりが元で作られた嘘アニメ「サイレント魔女☆リティ」( http://musashi.nm.land.to/rity/ )より、『自称「お姉さん」だがどう見ても幼女にしか見えない』のあたりを参考にして書いたネタなのです。
当然、使ってもらってかまいません。

上記のリンク「涼宮ハルヒの憂鬱 無駄知識シリーズの記事一覧」に記載の記事では、幻魔大戦と涼宮ハルヒの憂鬱の関係について思うところを書いています。興味があればご一読ください。
この記事のリンク元 | 3 |

[日記/2009/September]

花王のエコナを返品しました / 2009-09-23 (水)

「エコナ」関連商品も販売自粛(読売新聞:2009年9月19日)などで既報のように、花王は特定保健用食品「エコナ」関連製品を販売自粛・出荷停止しています。
返品も受け付けると一部マスコミで報じられたものの、その方法は消費者相談室(0120-501-243)へ問い合わせして聞くしかないのですが、まずその電話がつながらない。

まあ、何回か電話をかけているとつながったので、始めにこちらから「返品を受け付けるとマスコミで聞いたのでその方法を教えてください」と聞いたところ、すぐ返品方法を教えて頂きました。ネットでは、エコナは安全だとか色々聞かされてそのまま使って大丈夫云々とか言われて返品させないように誘導するとの話を書いている人もいるようですが、私の場合は始めに返品方法を聞いたのがよかったのか、特に返品させないようにしようとするようなところはありませんでした。

実のところ、上記記事にも記載のある以下の住所に着払いでエコナ関連商品を送付すると、商品券が返送されます。レシートは不要ですし、使用中の商品も問題なく引き取るとのことです。これさえ知っておけば特にエコナ消費者相談室のフリーダイヤルに電話する必要もないので、これぐらい公式サイトに書いておけばいいのにとは思います。

〒131-8501 東京都墨田区文花2-1-3
花王エコナ消費者相談室
0120-501-243

本日商品券が届きました

さて、上記までが19日の話です。いつ商品券がくるかと思っていたら本日届きました。

こんな感じです。いくらで買ったものかは今となってはわかりませんが、たぶん少し高めの評価で金額を査定した上、商品券を送ってきているようです。
ネット上の情報では、購入した店かどうかにかかわらず花王エコナを扱っていたスーパー・商店に持ち込んだら現金で返金されるとのことですから、現時点で手元にある方はそのようにしてもよいでしょう。

2chとかでは前から安全性が疑問視されていたのに花王が知らんぷりを決め込んでいたと書かれていました。花王は現時点でも安全性に問題ないとの立場ですが、それなら自主回収・出荷停止・返品対応する必要はないと思うのですが……。
今後の推移も見つつ、花王製品の購入は慎重に検討したほうがよいのかもしれません。

注意点

2010年9月12日 13時頃追記

上記は、本記事作成日である2009年9月23日時点での内容です。
現在どのように扱われるかは確認していませんので、もし今返品する事情のある方は、改めて花王に問い合わせた方がよいと思われます。

[ ツッコミの受付は終了しています ]
この記事のリンク元 | 4 |

[政治とか/2009]

麻生政権OB会が設立されるようです / 2009-09-22 (火)

9月16日の記事なので気づくのが遅いのですが、麻生政権OB会が設立されるらしいです。

16日、最後の会見に臨んだ金子一義国交相は、麻生総理との閣議で「麻生政権OB会」設立を提案。鳩山政権が取り組む政策を、閣僚経験の専門知識を生かして精査していくと語った。河村建夫官房長官が事務局になるという。

鳩山新政権が目標とする「1990年比25%削減」や農家の個別補償などを例にあげ、それぞれの閣僚に解説してもらい、どこが問題のなのか明らかにしていく。

また、国交省が関連する高速道路無料化についても「総合的に考えてやってほしい」と、新政権に注文。

「民主党は国土技術政策総合研究所の高速道路無料化試算を唯一の拠り所として、経済効果について、無料化すれば無料化するためのコスト以上に効果が出るとしているが、無料化の影響はそれだけではない。財源の手当て、CO2排出量、他の交通機関への影響など様々ある。国交省の中の分析はもとより、外部のいろいろな分析をやってもらうほうがいい」と語った。

高速道路料金問題に絡む自動車関係諸税、八ツ場(やんば)ダム建設に象徴される公共事業地方分権、日本航空再建計画など、国交省関連で解決すべき課題は山積みだ。民主党新政権下で、そのいずれもが大きな政策転換を迫られることになる。

《中島みなみ》

麻生政権OB会設立 鳩山新政権の政策を精査(レスポンス:2009年9月16日)より引用

そもそも、レスポンスは総合自動車ニュースサイトのようで、その関係で国土交通省の会見を取材していたようです。他の記者も取材していただろうに、なぜ自動車ニュースサイトにだけ掲載されて他のマスコミが取り上げなかったか疑問ではありますが、その辺はまあ気にしないことにしましょう。
今の民主党に閣僚経験者が少ないのは確かですから、閣僚経験者が「閣僚経験の専門知識を生かして精査していく」のは、例えそれが野党の政治家が行うことであってもよいと思います。
今後選出されるであろう自民党新総裁が自民党を率いていくことになりますので、麻生政権OB会は民主党鳩山政権に対して政策提言を行うような方向で動くのでしょうかね。

今後民主党政権に問題点があれば、要領よく、かつお手柔らかに指摘してあげてください(w


[政治とか/2009]

民主党の国会議員は議員立法原則禁止だそうな / 2009-09-20 (日)

民主、議員立法を原則禁止 全国会議員に通知(朝日新聞:2009年9月19日3時1分)によれば、『民主党は18日、政府・与党の二元的意思決定を一元化するため、議員立法は原則禁止し、法案提出は原則、政府提案に限ることを決め、同党所属の全国会議員に通知した。』とのことです。

また、民主、政策決定を政府に全面移行 各省に議員参加会議(共同通信)によれば、小沢一郎幹事長名で出された通知だそうで、『一般行政に関する与党の法案提出は基本的に認めない方針。ただ選挙や議員の政治活動など「すぐれて政治的な問題」については党側で議論、決定し法案提出するとしている。』とのことです。

はじめは冗談か新聞社の勘違いだろうと思って記事を見たが、朝日新聞と共同通信の2社が「議員立法の原則禁止」を報じているのでどうも本当らしいです。
民主党国会議員による議員立法は原則禁止で、議員立法する場合は民主党側でまとめて法案提出となるようですから、民主党幹部クラス以外の民主党国会議員は立法行為に実質的に関与させない(賛成票を投ずるのみ)ということでしょうかね。
アメリカの大統領選挙人じゃあるまいし、党の方針で国会議員に議員立法させないとは、民主党はそもそも国会議員の本分が立法であることをないがしろにしているのではないのでしょうか。正直、この通達だけを理由に離党する議員がいても文句の言えないレベルの通達だと思うのですが、次の選挙を考えるとそんな議員はいないか。

議員立法に取り組むとしていた民主党新人議員もいたはずですが、彼らはこれから何に取り組むことになるのでしょうね。(例えば、民主3氏いざ国会へ-マイタウン山梨(朝日新聞:2009年09月17日)で紹介されている坂口岳洋衆議院議員とか。)


[日記/2009/September]

「ザ・スニーカー」2009年10月号 / 2009-09-13 (日)

昨日は時間つぶしに本屋に寄ったのですが、そこで見つけたのが「ザ・スニーカー」。 角川書店が発行する偶数月30日発売のライトノベル雑誌だそうです。
「ザ・スニーカー」2009年10月号には、あの「エンドレスエイト」の特集があり、その中に作者・谷川流の特別寄稿がありました。(アニメから見れば原作者であるとか、寄稿とか書いている時間があればさっさと小説の続き書けと言う話はとりあえず横に置いておきますよ。)
角川さん曰く、

■ エンドレスエイトに迫れ!
あらためて好評放映中のアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』。その新エピソードとして放映された『エンドレスエイト』をお題に今回は特集してみました!なんといっても注目は、谷川流がこの特集のために書き下ろした特別寄稿文!「ループ」について書かれたこの文章を読めば、『エンドレスエイト』解読のヒントがあるかも!

http://www.kadokawa.co.jp/mag/sneaker/ (ただし2009年9月13日時点)より引用

とのことです。
時間つぶしかねて読んだのですが、そして記憶だけで書くので間違えていても勘弁してほしいのですが、おおむねSFのループについて書いている文章でした。「涼宮ハルヒの憂鬱」の登場人物である古泉一樹の理屈をこねくり回した台詞を延々聞いているようなものでした。(同じく谷川流作品である「学校を出よう!」の登場人物である宮野秀策の台詞と言い換えてもよいでしょう。)

寄稿文中に「作家といえども登場人物の行動を無理矢理ねじ曲げてはいけない云々」と言う趣旨の記載があったはずです。前後の文脈をいじって何とか埋め込んだというか、どちらかというと無理矢理詰め込んだ感もある一文なのですが、谷川さん的に重要なのは実はこの部分だけだったような気もするのですよね。
本文が気になる方は、是非読んでご確認を。

[ ツッコミの受付は終了しています ]
この記事のリンク元 | 1 |