以下は、当サイトのシリーズ記事一覧へのリンクです。

涼宮ハルヒの憂鬱 無駄知識シリーズの記事一覧

NHK 受信料・受信契約に関する記事一覧

[政治とか/2009]

高速道路政策は政権交代の実験場 / 2009-06-28 (日)

当サイトの最近の更新は、ライトノベルおよびアニメの「涼宮ハルヒの憂鬱」に関する記事ばかり書いていたのですが、幸福実現党の憲法案があまりにも大きな釣り餌であったので、やむなく釣られてしまいました。(幸福実現党が日本国の憲法草案を出してきました参照)
まあ、候補者全員が当選したら与党になる政党から、一度大統領に当選したら選挙無く死ぬまで独裁することが可能である憲法案を持ってこられたら、主権者の一人としては一応反応するのが礼儀かなぁと思ったのでね。
これでアニメとかの記事を書くモードでなくなってしまったようで、今回も政治モードの記事です。

高速道路の無料政策

色々問題はあるものの政権交代するかもしれない民主党ですが、民主党の政策には高速道路の無料化(正確に言うと都心部を除く)があったことを覚えているでしょうか。
みんなが忘れても私は覚えています。

現在は、自公連立政権ですから高速道路の無料化はされていませんが、麻生内閣の経済対策として、ETC普通自動車の通行料金が土日祝日限定で1000円までとなる時限措置が実施中です。これはこれでいろいろな反響を及ぼしていますが、その中には、長距離バス、鉄道、フェリーなどの公共交通機関の運営が困難になると言う話があります。フェリーの減便は既にニュースになっていますし、廃業するフェリー会社まで現れました。
さて、ここで民主党の高速道路の無料化政策を思い出すならば、あることに気づくと思います。例えば、ETC普通自動車の土日祝日限定という限られた条件の場合に高速道路料金が1000円までとなる時限措置を行うだけで減便・廃業となるフェリー業界は、車種・曜日に限らず高速道路料金が無料となる民主党政権下ではさらに厳しい状況に追い込まれることになります。また、長距離バスならば長距離バス自身の高速料金は無くなりますが、長距離バスの高速料金は一人当たりにすると数百円程度でしょうから、その分の料金値下げで自家用車に対抗できるか微妙なところでしょうね。鉄道料金は高速道路が無料になっても何ら変わらないでしょうから、こちらもお客は従来よりは減少するでしょう。

私は、元来「道路は無料であるべき」とする古代ローマ以来の原則は正しいと考えていますから、高速道路も当然無料化すべきと考えていました。しかし、公共交通機関が大打撃を受けるとなれば、その対策についても考えなければならない所です。
しかし、現在の民主党が「公共交通機関の減少やむなし」との覚悟の上で高速道路の無料化を言っているかはよくわからないです。2009年3月25日に民主党『次の内閣』閣議で中間報告として示された民主党高速道路政策大綱では、この点については「5.論点」の最後の一行に「競合交通機関への影響及び交通弱者に対する配慮」と書いてあるのみだからです。

民主党には、現在の高速道路1000円の状態を政権交代した場合の高速道路無料政策の実験場と考えてもらって、今のうちに高速道路無料政策をした場合の公共交通機関への対策を考え、いち早く発表してもらえればと思います。自民党の方でも土日祝日限定で1000円までとする政策で生じたひずみに対応策を打った方が良いと思います。
論点として私が思いつくのは、公共交通機関の存廃について政策としてコミットするか否かが一つです。公共交通機関を存続する方向にするのであれば、例えばフェリー会社に補助金を出す必要があるでしょう。これは一部の自治体が既に始めていますが、普通自動車以外でも高速料金が無料となる民主党はより多額の補助金を必要とするでしょう。当然この補助金を恒久的に払うことになるのであれば、財源も問題となるでしょう。
公共交通機関はそれぞれの自助努力で生き残ってもらうとし廃止やむなしとするのであれば、政策の変更が雇用先が無くなる原因ですから、国として再就職に特段の支援策を示すなどの政策をした方がいいのではないかと思いますね。

まあ、公共交通機関を滅ぶに任せるというのも政策の一つでしょうが、例えばフェリー会社・鉄道などであれば、一度廃止した路線を再度運行するのは難しいこともありますので、できれば残す方向で考えた方がいいのでしょうがどうしたものでしょうかね。


[政治とか/2009]

幸福実現党が日本国の憲法草案を出してきました / 2009-06-21 (日)

宗教法人「幸福の科学」総裁の大川隆法氏創立の幸福実現党が、読売新聞に日本国の新憲法草案を全面広告で掲載しています。大川隆法氏の試案とのことです。

まず、その試案を以下に引用します。

新・日本国憲法

幸福実現党創立者
大川隆法 試案

前文
われら日本国国民は、神仏の心を心とし、日本と地球すべての平和と発展・繁栄を目指し、神の子、仏の子としての本質を人間の尊厳の根拠と定め、ここに新・日本国憲法を制定する。
第一条
国民は、和を以って尊しとなし、争うことなきを旨とせよ。また、世界平和実現のため、積極的にその建設に努力せよ。
第二条
信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。
第三条
行政は、国民投票による大統領制により執行される。大統領の選出及び任期は、法律によってこれを定める。
第四条
大統領は国家の元首であり、国家防衛の最高責任者でもある。大統領は大臣を任免できる。
第五条
国民の生命・安全・財産を護るため、陸軍・海軍・空軍よりなる防衛軍を組織する。また、国内の治安は警察がこれにあたる。
第六条
大統領令以外の法律は、国民によって選ばれた国会議員によって構成される国会が制定する。国会の定員及び任期、構成は法律に委ねられる。
第七条
大統領令と国会による法律が矛盾した場合は、最高裁長官がこれを仲介する。二週間以内に結論が出ない場合は、大統領令が優先する。
第八条
裁判所は三審制により成立するが、最高裁長官は、法律の専門知識を有する者の中から、徳望のある者を国民が選出する。
第九条
公務員は能力に応じて登用し、実績に応じてその報酬を定める。公務員は、国家を支える使命を有し、国民への奉仕をその旨とする。
第十条
国民には機会の平等と、法律に反しない範囲でのあらゆる自由を保障とする。
第十一条
国家は常に、小さな政府、安い税金を目指し、国民の政治参加の自由を保障しなくてはならない。
第十二条
マスコミはその権力を濫用してはならず、常に良心と国民に対して、責任を負う。
第十三条
地方自治は尊重するが、国家への責務を忘れてはならない。
第十四条
天皇制その他の文化的伝統は尊重する。しかし、その権能、及び内容は、行政、立法、司法の三権の独立をそこなわない範囲で、法律でこれを定める。
第十五条
本憲法により、旧憲法を廃止する。本憲法は大統領の同意のもと、国会の総議員の過半数以上の提案を経て、国民投票で改正される。
第十六条
本憲法に規定なきことは、大統領令もしくは、国会による法律に定められる。
2009年6月21日読売新聞の幸福実現党広告ページより

前文と16条で仕上がったコンパクトな憲法草案です。
せっかくですから以下で気になる条文を解説してみます。

<前文>
「神仏の心」とかの表記が、起草者が「幸福の科学」総裁であるその立場を思い出させますが、特に具体的な権利義務を定めた規定ではないと思います。常識的に考えれば、この記載を理由としていずれかの神仏を信仰しなければならないと強制されることはないはずです。(起草者の真意は知りませんがね。)

第1条
テラ聖徳太子。

第2条
信教の自由を人間すべてに対して法律による留保なしに認めています。常識的に考えれば、日本国民・外国人にかかわらず、幸福の科学(や他の宗教)に改宗するよう迫られることはないはずです。

第3条
何でこんなねじった条文なのか。
私が同じ内容を書くなら「国民によって選ばれた大統領が行政を執行する」「大統領選挙の詳細・大統領の任期は法律で定める」とするでしょう。
それとも、国民投票とやらが信任投票であるなど、あのように明記しなければならない理由があるのでしょうかね。

第5条
現行憲法9条改正派の幸福実現党としては欠かせない条文ですね。防衛軍を組織することが明記されています。
面白いのは国内の治安維持は警察と明記されていることです。わざわざ明記した趣旨を推察するならば、国内の治安維持には防衛軍が使えないと考えるべきなのでしょうか。

第6条
国会の構成を法律に丸投げしたと言うことは、憲法上は二院制でも一院制でもいいんですな。
それより気になったのは「大統領令以外の法律」との記載があること。
この憲法では、大統領令も法律なんですね。

第7条
大統領令と国会による法律に矛盾があれば、最悪2週間待てば大統領令が優先されるようです。
この憲法案の大統領は、アメリカ合衆国大統領のように議会を通過した法案への拒否権をもっていませんが、そのような権利は不要であることがわかります。なぜなら、大統領令で国会による法律を上書きすれば目的は達せられるからです。

第10条
機会の平等は日本国民に対して法律による留保なしに認めています。
なお、「法律に反しない範囲でのあらゆる自由」を国民に保証されているのですが、第6条によれば大統領令も法律です。
明治憲法で天皇が発布するとされた勅令では権利を制限できず、権利の制限が(議会で承認された)法律でのみ可能であった事と比べてもどうしたものかと思います。(明治憲法第8条では、議会閉会中の緊急時には法律に変わるべき勅令を発布できますが、これは次回開会の議会で承諾無ければ未来に向かって無効とされます。)

第14条
天皇制を含む文化的伝統を尊重することは記載したものの、詳細は法律に丸投げしています。

第15条
過半数とは全体の半数を超えていることです。
よって、「国会の総議員の過半数以上の提案」は表現としておかしくて、「国会の総議員の過半数の提案」または「国会の総議員の半数以上の提案」と書く方がよいでしょう。

まとめ

まあこの憲法案では国会は飾りですね。元首たる日本国大統領が無茶強い。例えば、この憲法案では大統領就任後に大統領の任期を終身にする大統領令(この憲法上は法律)を出せば任期が終身になりますよね。また、国会が法律で大統領の任期を決めようとしても、7条により大統領令が優先されます。
もし幸福実現党が国会で第一党になれたとすれば、国会議員を通してもっと穏便な形で国家の権力を実質上掌握できるので大統領がやたらと強いこんな憲法案は不要ですし、第一党になれなければこの憲法案を憲法にできるわけがないのですからやはりこんな憲法案は不要です。
幸福実現党はいったい何を考えてこんな権力バランスの悪い憲法草案を新聞に掲載したのでしょうか。よくわかりませんね。

もしかしたら、これらの政治的な動きは、幸福の科学内部の事情によって必要とされる行動であって、基本的に外界の我々は関係がないのかも知れませんね。

[ ツッコミの受付は終了しています ]
1: 信者A (2009/06/22 01:09)
>もしかしたら、これらの政治的な動きは、幸福の科学内部の事情によって
必要とされる行動であって、基本的に外界の我々は関係がないのかも知れ
ませんね。
上から目線のもの言いと分かっててもあえて言わせてください。
まず、幸福実現党宣言と国家の気概をよんでください。
まず、なぜそうしたかという前提を知ってから評論してください。
2: nonki (2009/06/22 22:42)
幸福実現党、幸福の科学、大川隆法氏にはそれぞれ政治にかかわろうとしたそれなりの考えがあり、「幸福実現党宣言」「国家の気概」などの著作にはそれが記載されているのでしょう。それについてよくわからずに「もしかしたら…(中略)…知れませんね。」と言ったのはちょっと乱暴だったかもしれません。
しかし、もしこれらの動きが「外界の我々」に関係があるのであれば、もう少し「外界の我々」にもあうように「権力バランスの取れた」憲法草案を提案して頂けるのではないかとの思いから、上記最後の文のような書き込みとなりました。その点をご理解頂ければ幸いです。
3: mocoyan9 (2009/06/23 05:34)
11条、12条がよくできていて、前文と1条、2条が土台なのにつまらないところにひっかかりますなぁ~
全般的には、法律の専門家らしくよく吟味(自分の知識の範囲内で)されていて前向きに思えます。
4: nonki (2009/06/23 21:15)
「11条、12条」ですか。以下のメモ書きをお返事代わりとさせて頂きたく思いますのでよろしくお願いします。
第11条関連で言えば、予算について憲法に定めていない所がよくわからないのですよ。「外界の我々」の常識では、憲法に記載する必要のある事項と思うのですがね。第12条は、「マスコミ被害防止法」を作って、その第1条に書く内容と言うのであれば良いのかもしれませんが憲法に書かなくてもいいんじゃないかなぁとは思います。
5: 閑院宮ドラネコ (2009/06/24 00:40)
分析、何度も読ませていただきましたが、納得することばかりです。
また様々なコメントに対しても、さわやかに対応をされていて、清々しく感じます。
本当にありがとうございます。代わって御礼申し上げます。
どのような道に進まれるかわかりませんが、どうぞ頑張られて下さい。
トラックバック (1)
この記事のリンク元 | 21 | 6 | 5 | 4 | 2 | 1 | 1 |

[日記/2009/June]

涼宮ハルヒの憂鬱 - 無駄知識その4 / 2009-06-17 (水)

さて、本記事は、涼宮ハルヒの憂鬱に関する無駄かもしれない知識を書き連ねていくコーナーです。必ずしも作品その物の内容ではないところや、作者の谷川流氏が小説を書く際に脳裏をかすめたかもしれないようなことを無駄に掘り下げて行くのが本シリーズの目的となります。
なお、涼宮ハルヒ無駄知識シリーズの一覧は、「涼宮ハルヒの憂鬱 - 無駄知識シリーズの記事一覧」をクリックしてください。

児童書・涼宮ハルヒの憂鬱

角川グループの児童書レーベルである角川つばさ文庫にて、この6月に涼宮ハルヒの憂鬱が出版されました。ちなみに角川つばさ「文庫」と言うものの新書版で、角川文庫であれば奥付の次のページにある角川書店創業者角川源義の「角川文庫発刊に際して」が無いことからもわかるように、角川文庫とは違う扱いとなっています。

もとよりジュブナイル小説として出版されても違和感がない作風ではないかと思っていましたが、絵をちょっと昔風にすれば80年代の児童書には……ならないか。
だって、初めのページからサンタなんかいないと断言するような児童書が80年代にあってたまるか。その点からは、今時点においても児童書としては十分「画期的な」気がするのに。
さすがに、みくるちゃんを「輪姦」したと言いふらそうとするのはまずかったようで、「いたずら」に表記が変更されていましたが。

振り仮名が増え、一部表記が変更されているだけだそうです。「1999年に一縷の望みをかけていた」みたいな終末思想を前提とした表記もそのままです。今の児童に「ノストラダムスの大予言」など話の前提がわかるとも思えませんが、まあそれはそれでいいということなのでしょう。

出版動機は色々あるようですが、「ツンデレな女の子を大量に発生させようとする角川つばさ文庫の中の人の陰謀に違いない」と言うことにでもしておきましょう。

きまぐれオレンジロード

この前、「きまぐれオレンジロード」こそが涼宮ハルヒの憂鬱の元ネタだ。みたいな書き込みをインターネットのどこかで見たと記憶していますが、私は全体の構成としては違うと思います。むしろ、あえて言うならば谷川流作品の「学校を出よう!」で主人公に超能力者の妹が2人いるところへの影響があるかと。
でも涼宮ハルヒシリーズ中「笹の葉ラプソディ」は、きまぐれオレンジロードの「想い出の樹の下で!の巻」から「そしてダ・カーポ!の巻」までの話と同じく時間ものの話です。男の方が諸事情で時間を戻るところ、結果として女の子の初恋らしいところ、時間を戻ったことが今に影響を与えているらしいところなどの点が似ていますよね。

まとめ

4回目の今日はここまでです。次回も無駄知識をお楽しみに。


[日記/2009/June]

涼宮ハルヒの憂鬱 - 無駄知識その3 / 2009-06-14 (日)

さて、本記事は、涼宮ハルヒの憂鬱に関する無駄かもしれない知識を書き連ねていくコーナーです。必ずしも作品その物の内容ではないところや、作者の谷川流氏が小説を書く際に脳裏をかすめたかもしれないようなことを無駄に掘り下げて行くのが本シリーズの目的となります。
今回からは、谷川流さんの他作品についてもふれていきます。

なお、涼宮ハルヒ無駄知識シリーズの一覧は、「涼宮ハルヒの憂鬱 - 無駄知識シリーズの記事一覧」をクリックしてください。

総合選抜

涼宮ハルヒやキョンなどが通う北高校のモデルである西宮北高校を含む西宮地区が去年まで総合選抜だったこと、涼宮ハルヒシリーズの作中での描写をあわせて考えると、涼宮ハルヒシリーズの北高校付近の地域では高校入試の方法として総合選抜が行われていると考えるのが合理的です。
総合選抜は地域によって詳細は異なるのですが、西宮地区を参考に簡単に言えば、市内にある公立高校に進学する場合は住居を基準に入学する高校が決まり、高校選択に本人の意向が反映されない制度です。つまり、地区内の全公立高校の定員より上の成績を取れば公立高校に進学できるようになっています。結果として公立高校に学校間格差がほぼなくなります。(最近では、西宮地区では各高等学校の募集定員のうち上位10%はその高校の希望者にするなどの制度もあったらしいのですが、残りの90%が住居を元にして高校が決定されるので、学校全体の学力レベルは地区平均値付近に収まっていたようです。)

県立北高には理数科がありますが、これは谷川流氏が在籍していた当時の西宮北高校にもありました。(今は改組されていて、当時のままの名称ではないはずです。)
こちらは各学校にある科ではありませんので、普通科の学力レベルよりは上になっていました。当然、県立北高もそうであると考えられます。このような理数科に転入生として入ることができた古泉一樹は、転入する場合は通常転入試験(転入学考査)があり、それに合格したはずであることを考えると、頭はかなり良いはずです。

なお、西宮であれば、小学校の時点である程度以上の学力がある子であれば私立中学を受験することが多いです。その場合、学力にもよりますが、男子であれば灘・甲陽・六甲等、女子であれば神戸女学院等が入学先として考えられます。
阪神間でトップクラスに位置するであろう上記の私立学校は、高校では全く生徒を募集しない、または数名程度しか生徒を募集しませんので、市立中学からこれらの高校に入学する人はほとんどいません。
よって、市立中学在籍者は、ハルヒのようにかなり成績のいい人も、谷口のように成績が結構やばい人も普通に同じ公立高校に進学することになります。

涼宮ハルヒの分裂で登場する佐々木は、公立中学校から市外の私立高校を受験して合格した高校に通っています。また、国木田に対して「もっと学力に応じた高校に行けたのに、わざわざ県立を専願で受けた変わり者だ」の台詞もあることから、少なくとも涼宮ハルヒシリーズ作中にはこれらの成績優秀者が進学できる私立高校が電車通学できる範囲内にあることがわかります。

この辺は、涼宮ハルヒシリーズ作中の描写からもある程度は推測できることなのですが、「総合選抜」になじみのない地域の人だと想像しにくい点もあるかも知れませんので、総合選抜の概略を加えてちょっと書いてみました。

満池谷墓地

「エンドレスエイト」における「肝試しをする広大な墓地」の舞台モデル候補地である、西宮市奥畑の満池谷墓地。ただし谷川流さんによる原作での描写はたった一文であり、確定できる情報は有りません。
[ラノベ]「エンドレスエイト」への準備、その2:より引用

満池谷墓地といえば、付近の某小学校では私が通っていた当時は毎年墓見をしていました。今もしているかは知りませんが。
当然、小学校で行事として墓見があるわけもなく、本当は花見なのですが、花見会場に到着するまでに延々満池谷墓地を歩いていき、帰りも延々満池谷墓地を歩くので、結果として墓見になるのです。

もちろん満池谷墓地を通らなくても行く方法はあるのですが、交通量の多い道の歩道を通るより満池谷墓地を通った方が安全であるからだと思います。いや、全くの無駄知識ですが。

幽霊

無駄知識とはいえこれだけでは気が引けるので、今回は谷川流さんの別の小説「学校を出よう!」から一つ。

学校を出ようと言えば、1巻初っぱなからブラコンな幽霊妹が出てくるのですが、これを見て思い出した小説があります。
1986年初版発行の「こちら幽霊探偵局(著者:団龍彦)」です。集英社文庫のコバルトシリーズで出版されているので、女の子向けを意図して出されたシリーズです。そうは言っても、この作品のことを思い出せる私は、当然読んだ事があるのですが。
そういえば、高校時代に同じクラスの女の子が何人か集まって、同じくコバルトで出版していた日向章一郎の作品について「日向章一郎先生の書く作品の主人公や主要人物がカタカナなのはなぜか」みたいな話をしていたときに、私が笑いそうになっていたのは秘密と言うことにしてください。

話を戻して「こちら幽霊探偵局」は、簡単に言えば兄妹で組んで霊的な事象を解決していくというお話です。これも片方幽霊だし。
このシチュエーションを参考にしたのかなぁと思ってこの本を探して読んでみたのですが……

あらあら、幽霊なのはお兄ちゃんでした。
交通事故死したのですが、妹と別れるのがいやなあまり成仏できずに幽霊として出てきたシスコンお兄ちゃんが、しっかり者の妹、奈々になだめすかされしながら霊的な事件を解決していくような感じです。

どうも関係あるという読みは外れくさい。仮に当たりだったとしても、作中の記述のみで他人を説得するのは無理な感じです。まさしく無駄知識である気配濃厚ですが、一応この作品は調べましたというメモのために記載しておきますよ。
まあ、図書館などで「こちら幽霊探偵局」を読む機会があれば、上記のことを頭の片隅に入れて見てもらうのも良いかもしれません。

まとめ

3回目も案の定、無駄知識の羅列となりました。少しでも涼宮ハルヒの憂鬱や学校を出ようの「裏側」を楽しんで頂ければ幸いなのですが、どうだったでしょうか?
次回も無駄知識をお楽しみに。

[ ツッコミの受付は終了しています ]
この記事のリンク元 | 1 | 1 |

[日記/2009/June]

住宅ローンのシミュレーションサイト紹介 / 2009-06-10 (水)

今日何となくインターネットをふらふらとしていたところ、住宅ローンのシミュレーションサイトを発見しました。
その名も「みかローン」。

よく見るとサイト作成者が沢渡みかげさんじゃないですか。なんか久しぶりに沢渡みかげさんのサイトを見ました。
前見たときは、伺か(時期により偽春菜・任意・何かとも)関連の時だったかなぁ。「何か」関連のSSTP Bottleには、今もたまにお世話になっています。

みかローン」は、金利の変動、複数回の繰上返済、複数ローンへの分割などを柔軟に設定してシミュレーションできるサイトとのことです。他のサイトやエクセル等を使用した計算に不満のある場合などに活用できると思います。
「自身のローンを検討する際に,既存サイトで満足のいくシミュレータを見つけられなかったので,このサイトを作りました.」と言うところが、根っからのシステムエンジニアであると思います。

[ ツッコミの受付は終了しています ]
この記事のリンク元 | 3 |