以下は、当サイトのシリーズ記事一覧へのリンクです。

涼宮ハルヒの憂鬱 無駄知識シリーズの記事一覧

NHK 受信料・受信契約に関する記事一覧

[日記/2010/October]

「放送法改正案の問題点を考えるアカウント」からブロックされたらしい / 2010-10-17 (日)

twitterでの話ですが。
ちなみに「放送法改正案の問題点を考えるアカウント」さんの自己紹介によれば、「放送法改正案の問題点を考えるアカウント。放送法とつぶやいている方をフォローなんかしていますが、関わりたくない方はどうぞ遠慮なくブロック等してくださいね。」との事です。
まあ正直思想的には距離があるのですが、10月14日の午後8時頃に向こうさんからフォローしてきたので当方からもフォローしていたのですよ。

そんな中で、twitterで以下のような流れがあったのですよ。

のぶのぶたさんの twitter より

今のマスメディアが暴走して偏向報道しているのは、尖閣のデモを報道しないことからも確実なんだが、さて、どうやったら正せるものかね。放送法の改正だけじゃ足りないよね。
10/16 午前 10:28 www.movatwi.jpから

との書き込みに対し、

放送法改正案の問題点を考えるアカウントさんの twitter より

改正したらますます報道されなくなるかも。RT @nobu_xp 今のマスメディアが暴走して偏向報道しているのは、尖閣のデモを報道しないことからも確実なんだが、さて、どうやったら正せるものかね。 放送法の改正だけじゃ足りないよね。
6:30 PM Oct 15th webから

とのお返事をされていました。ああ、確かに可能性としてはそう言う方向性になることもありえますよね。

次の放送法改正案の問題点を考えるアカウントさんが twitter でつぶやいた内容は既に削除されていますが、私の記憶では

地上波の放送局が偏向報道で処分されるのなら、チャンネル桜も処分されるかも

と言った内容だったと記憶しています。

この書き込みを見て、チャンネル桜の番組(保守的というか右翼的というかまあそのあたりの内容)が放送されているCS放送と地上波放送などで放送内容に関して法律上の規制が同じか違うかに興味を持ったので調べてみました。

CS放送って結構自由にやっている印象があったので、法規制が緩いのかなぁと漠然と思っていましたし、実際そのような側面もある(例えばアニメ番組のみの放送局を作ろうとしても、地上波ではその他の要件を全てクリアした場合でも免許は出ませんが、CS放送としてなら可能)のですが、放送である限りは全て放送法3条の2を満たす必要があります。

放送法(抜粋)

(国内放送の放送番組の編集等)
第三条の二  放送事業者は、国内放送の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
一  公安及び善良な風俗を害しないこと。
二  政治的に公平であること。
三  報道は事実をまげないですること。
四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

つまり、逆に言えば、少なくとも現行法の運用としては地上波の番組もチャンネル桜の番組も上記基準の範囲内とされている訳です。

ところがここで気づいたことがあります。私はチャンネル桜のことを今回改めて調べるまで放送局だと思っていたのですが、どうもそれは昔の話のようです。今は番組制作会社であり、制作した番組はスタイルキャスト株式会社の放送であるセレクトショッピング Ch.217の一部時間の放送枠を買い取って放送しているようです。そのため、以下のツイートをしました。

私(nonki)の twitter より

@housouhou @nobu_xp 理論上、現行法では偏向報道を放送すると放送法3条の2違反で電波法76条を根拠に、総務大臣は放送局の運用を停止等できます。ただ、今のチャンネル桜は番組制作するのみの立場(放送は別法人)ですので、電波法に基づく処分をされる立場ではありません。
10/16 午後 9:30 webから housouhou宛

文字数が限られているから書いていませんが、偏向報道を理由として放送法3条の2違反で電波法76条を根拠とする放送局の運用停止なんかをすると、報道内容にかかわらず内閣はもたないと思います。
正常な判断力を持つ政治家ならそんなことはしないでしょうね。

お返事で放送法改正案の問題点を考えるアカウントさんが twitter でつぶやいた内容も既に削除されていますが、私の記憶では

改定案では番組制作などソフトの事業を担う放送事業者について、総務大臣が認定する事になっているがチャンネル桜はどうなるんでしょうね

と言った内容だったと記憶しています。

確かに、放送法改正案にソフト事業を担う放送事業者ってのもあったはずで、その点からも興味深い話だよなぁと思って考えてみたのです。でも、よく考えれば衛星放送は旧来からハードとソフトは分離されているはずだから、今現在で既にスタイルキャストがここで言う「ソフト事業を担う放送事業者」に相当するはずと考えて以下のお返事をさせて頂きました。

私(nonki)の twitter より

@housouhou チャンネル桜は改正案が成立しても放送事業者ではない(今と同じく、番組を放送事業者に持ち込んで放送してもらう)のだろうと思います。放送事業者の認めない番組なら単に放送されない。そのかわり放送した責任は放送事業者が負う。一部の深夜アニメと同じかな?
10/17 0時頃 webから housouhou宛

ちなみに文字数が限られているから書いていませんが、上記は「放送法改正案が成立してもインターネットは放送ではない」という前提で記載しています。「放送法改正案が成立するとインターネットも放送である」とするならば書くべき内容は変わります。

「一部の深夜アニメと同じかな?」ですが、例えばテレビアニメ「School Days」は地上波の放送局では最終回の放送が中止にされました。これは、猟奇的な内容のため、放送事業者が放送した場合の責任を負えないと判断して放送を止めたわけですね。(詳しくはNice boat.とはSchool Daysなどを参照)
しかし、制作主体はTV局ではないので制作自体は行われており、AT-Xでは放送時間を深夜に変更して放送したほか、ネット配信され、DVDも販売されました。

なお、放送法改正案の問題点を考えるアカウントさんは以前に以下のような事を書かれています。

放送法改正案の問題点を考えるアカウントさんの twitter より

#hosoho 放送法改正案に賛成の方のご意見を集めています。もしよろしければ、こちら宛にお知らせください。なお、反対や保留の意見も同時に集めています。
1:40 AM Oct 13th webから

上記のような事を書いておられるので、幅広い見地から放送法改正案やその中の「ソフト事業を担う放送事業者」に関する議論や是非について話題が出るのではないかと期待していました。まあ忙しくて見落とすとか、興味が乏しくそのまま放置されて流れていくことはあるかも知れないなとは思っていました。

今朝起きて確認したら、私は「放送法改正案の問題点を考えるアカウント」さんからブロックされたらしい。
あまりにも想像外の結果で、何かワラタ。

[ ツッコミの受付は終了しています ]
この記事のリンク元 | 1 |

[NHK]

NHKが武富士のようになっちゃうかもしれんからね / 2010-10-14 (木)

私は今日twitterで以下のつぶやきをしました。

放送法改正案提出だそうな。この改正で「ケーブルテレビ加入者がNHK受信料を払う必要がない」件をうやむやにして「支払う必要がある」とする気なのだろう。この件が問題化すると、NHKが武富士のようになっちゃうかもしれんからね。 #hosoho

twitterなので説明不足の感もあり、詳細を解説します。

放送法改正案提出だそうな

政府は平成22年10月12日(火)の定例閣議にて「放送法等の一部を改正する法律案」を閣議決定しました。
どのような法案かと言うと、放送法改正案を閣議決定=今臨時国会に再提出(時事通信)[2010/10/12-10:28]などで伝えられているように、前回3月に閣議決定した「放送法等の一部を改正する法律案」に衆議院での修正点である「電波監理審議会の権限を拡大する条項の削除」を反映させたものであるとの事です。

「ケーブルテレビ加入者がNHK受信料を払う必要がない」

現行法では、ケーブルテレビ加入者はNHK受信料を払う必要がありません。詳しく知りたい方は「ケーブルテレビとNHK受信料(当サイト内の記事)」をご覧ください。書籍「放送法を読みとく」で衛星セーフティネット参加者のNHK受信契約が法律上どのように扱われているかの解説を読んでいただいても理解できるでしょう。
一見すると用語の定義の問題に見えますが、ケーブルテレビ受信者が費用を毎月自己負担して有線放送を受信している一方で、地上波の放送受信者は自分の家にアンテナをたてた後は自己負担なく放送を受信できることと比較して考える必要があると思います。

「支払う必要がある」とする気

今回の改正案が法律として成立すれば、「2010年3月の「放送法等の一部を改正する法律案」とNHK受信料(当サイト内の記事)」に書いた通り、ケーブルテレビ受信者はNHKと受信契約を締結する必要が出てくることになるのでしょうね。

この件が問題化すると

上記の通り、ケーブルテレビの受信者はNHK受信料を払わなくて良いのですが、現実にはNHKに受信料を支払っている方はたくさんいらっしゃいます。多くの方は法律の規定がどうなっているかを知らず、NHKの宣伝にだまされてケーブルテレビ受信者もNHKに受信料を払うべきと信じています。

これが違うと多くの人に知られるようになれば、ケーブルテレビ加入者の過去何十年分にも及ぶ受信料を利息を付けて一括返還するような請求が出てくることになるでしょうし、NHKが詐欺をしていたとなれば時効関係なく請求できるでしょう。
これは現在の貸金業者(武富士とか)の窮地と同じようなもので、弁護士・司法書士の飯の種になってNHKの存続自体が危ぶまれる展開となるでしょう。そのうち、NHKが資金的に耐えられるかの問題になるかもしれません。

これをNHK・総務省の立場で考えれば、そのような状態になる前にまずは法律上の立場の改善を考える事になるはずです。私は、今回の放送法改正案が提案されている理由はその辺にあるのではないかと疑っているのですよ。


[日記/2010/October]

絵画商法のおもいで / 2010-10-03 (日)

最近は、書きたいネタはそれなりにあるのですが、時間がなくて仕上がらない。困った困った。
そんな折、ブログ用に準備していたものの書きかけで放置されているネタをちょっと見ていたところ、なぜか公開しても良さそうな「絵画商法のおもいで」という記事が書きかけ扱いで公開されないままになっているのを発見しました。せっかくですので、一部手直しの上で公開します。
(「絵画商法のおもいで」は、基本的には2005年10月2日に記載したものです。公開日である2010年10月3日に少しだけ訂正した上で公開しています。)

本文

今日(2005/10/02のこと)夕食時に毎日放送の報道特集を見たのですが、絵画商法が取り上げられていました。
路上で声をかけ、高額でかつ市場価格の数倍もするような絵画を売りつける商法だそうです。

そう言えば、私も数年前にこのような人達に呼び止められたことがあります。その時は、出張先で朝からの仕事のため、前日である日曜か祝日の昼過ぎにホテルに入り、その後、暇つぶし目的で地下街から商店街のアーケードに出たところで、この人達に呼び止められたのですよ。
このような商法があるのは知らず、絵画の展示会と言っていたこともあり、ちょうど暇だったのでおつきあいしてあげることにしました。

絵画の展示会と言っていたのですが、はじめの勧誘が変にしつこいのです。ポストカードを渡してきたので受け取ったのですが、私が受け取ろうとしても相手は手を離さずにしつこく勧誘してきました。入る時に住所氏名や職業を聞いてきます。また、中にはいると絵にウン十万円の値札が貼り付けてあります。
何かあやしげだ。
しかし、私の性格から考えて、今回のように出張先で時間が余っているような特殊な事情がない限り、はじめの勧誘の時点で確実に断るので「まあこんな機会は滅多にない」こともありおつきあいしてあげることにしました。

まあ、後の勧誘の手口は報道特集で取り上げられていたのと同じで、よさげな絵を私に選ばせ、その絵のいいところを盛んに褒め称えるのです。はじめから一貫して、口先では売るためではないと言っているのですが、最終的に私に売ろうとしているのは見え見えでした。
しかし、こちらは暇つぶしの一環ですから時間に余裕はありますし、ホテルには一度チェックインしているので急いで帰る必要もありません。

さて、とうとう絵を是非買うべきだというモードに入ってきました。
お給料が幾らか聞いてきたので、相手に「驚くべき事情」を言いました。

何と言ったかは詳しく書きませんが、この「驚くべき事情」を聞いた相手側に「全く自由になるお金がないので購入は不可能」と信じさせる事はできたようです。相手さんはローンを組ませることが無理であると考えたのか、簡単に帰ることができました。

おまけ

このような人々に万が一展示会に連れて行かれた場合は、相手にローンが組めない(組みにくい)と思わせたら勝ちなので、職業をそれとなく聞かれたときに学生と言えばたいした勧誘にあわずに帰れるかもしれません。
もっとも、この辺は相手の出方によりますので、最終的にははじめの段階で連れ込まれないようにするのが一番です。

おまけ2

「ポストカードを渡してきたので受け取ったのですが、私が受け取ろうとしても相手は手を離さずにしつこく勧誘してきました。」の件ですが、通常は逃げたいと思います。
この場合は、自分がポストカードから手を離して逃げるのが一番です。ポストカードを受け取る義務はないのですから。

[ ツッコミの受付は終了しています ]
この記事のリンク元 | 1 |

[NHK]

NHK受信料の支払い有無はNHKに意見できるかどうかとは関係がない / 2010-09-20 (月)

だいぶ前に、NHK受信料不払い者への法的措置について(当サイトの記事)のコメント欄で「NHKの受信料を払わないくせにNHKを批判している人がいるが、未払い者はNHKにとってお客様でなくて部外者です。NHKの運営に口出しする権利はないと思います。(大意)」と言ったコメントがありました。
それに対して私は、「受信料を払っていなくとも日本国民であればNHKの運営に口出しする権利はあると思います。なぜなら、NHKは放送法という日本国の法律によって作られた特殊法人だからです」と返事しました。つまり、会社法の規定を利用して日本国の意志に関わりないところで作られた一般の株式会社とは違い、NHKは日本国が国家として必要を認めて特に法律で規定した法人であるのだから、日本国の主権者である日本国民がNHKの運営に口出しできるのは当然であると言ったわけです。

つまり、上記コメント氏が一般企業に例えれば「金を払っていない以上客じゃないから文句を言うな」と言っているのに対して、私は一般企業に例えれば「客であるか否かにかかわらず、株主が会社の経営に文句言えるのは当たり前だろう?」と言っているわけです。
上記の例えで、私は国民を株主に例え、受信料を支払っている人を株主に例えていません。これは、経営委員の任免・予算承認等に国民から選ばれている国会議員が集まる国会の同意が必要であるからです。一方、受信料を支払っている人の集会やその代表者を集めた集会で予算を承認するとか、人事を決定するということはありませんから、受信料を払っている人を株主に例えるには無理があると考えました。

本論

以上は実は話の前置きで、今回の記事はここからが本論です。
以下の放送法の条文をご確認ください。

「放送法(昭和二十五年法律第百三十二号)」より(抜粋)

(経営委員会の権限等)
第十四条  経営委員会は、次に掲げる職務を行う。
 一  次に掲げる事項の議決
  イ 協会の経営に関する基本方針
  ロ 監査委員会の職務の執行のため必要なものとして総務省令で定める事項
  ハ 協会の業務の適正を確保するために必要なものとして次に掲げる体制の整備
   (1) 会長、副会長及び理事の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
   (2) 会長、副会長及び理事の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
   (3) 損失の危険の管理に関する体制
   (4) 会長、副会長及び理事の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
   (5) 職員の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
   (6) 協会及びその子会社から成る集団における業務の適正を確保するための体制
   (7) 経営委員会の事務局に関する体制
  ニ 収支予算、事業計画及び資金計画
  ホ 第三十八条第一項の業務報告書及び第四十条第一項に規定する財務諸表
  ヘ 放送局の設置計画並びに放送局の開設、休止及び廃止(経営委員会が軽微と認めたものを除く。)
  ト 委託国内放送業務及び委託協会国際放送業務の開始、休止及び廃止
  チ 番組基準及び放送番組の編集に関する基本計画
  リ 定款の変更
  ヌ 第三十二条の受信契約の条項及び受信料の免除の基準
  ル 放送債券の発行及び借入金の借入れ
  ヲ 土地の信託
  ワ 第九条第九項に規定する基準
  カ 第九条の二第二項及び第九条の三第一項に規定する基準
  ヨ 第十条第一項に規定する基準及び方法
  タ 第三十条の二に規定する給与等の支給の基準及び第三十条の三に規定する服務に関する準則
  レ 役員の報酬、退職金及び交際費(いかなる名目によるかを問わずこれに類するものを含む。)
  ソ 収支予算に基づき議決を必要とする事項
  ツ 重要な不動産の取得及び処分に関する基本事項
  ネ 外国放送事業者及び外国有線放送事業者並びにそれらの団体との協力に関する基本事項
  ナ 第九条第八項の総務大臣の認可を受けて行う協定の締結及び変更
  ラ 第九条第十項の総務大臣の認可を受けて行う業務
  ム 第九条の二の二の総務大臣の認可を受けて行う出資
  ウ 第四十七条第一項の総務大臣の認可を受けて行う放送設備の譲渡等
  ヰ 情報公開及び個人情報保護に係る審議を行うため協会が設置する組織の委員の委嘱
  ノ イからヰまでに掲げるもののほか、これらに類するものとして経営委員会が認めた事項
 二  役員の職務の執行の監督
2  経営委員会は、その職務の執行を委員に委任することができない。
3  経営委員会は、第一項に規定する権限の適正な行使に資するため、総務省令の定めるところにより、第三十二条第一項の規定により協会とその放送の受信についての契約をしなければならない者の意見を聴取するものとする。

「放送法」より引用

今日注目するのは、放送法14条3項です。ここでは「契約をしなければならない者の意見を聴取する」とされており、「契約をした者の意見を聴取する」とか「受信料支払い者の意見を聴取する」とはなっていません。
つまり、放送法では、NHKの経営委員会に対して受信契約の締結有無・受信料の支払い有無で区別せずに意見を聴取することが定められているわけです。

これは私が考えるところでは合理的な規定です。例えば、受信料不払いの一部には「番組内容の偏向」に対する抗議とかもあるようです。経営委員会がそのような者の意見を聴取した上で、より多くの者が納得できる番組作りができるような環境作りをすればこの方たちは支払ってくれるかもしれません。未契約者についても、その意見を聞いてより多くの方が納得できる受信契約にすれば、契約する人がいるかもしれません。
そのようなことを考えると、意見を聞く場から法律の規定で閉め出すのは得策ではないでしょう。

この条文は、「放送法等の一部を改正する法律(平成十九年法律第百三十六号)」にて追加されています。平成19年と言えば2007年のことですから、2005年に上記コメントをされた上記のコメント氏に対して上記の規定を持ち出すのは(コメントした時より未来のことですので)不適当でしょう。
しかし、2010年現在に「NHKの受信料を払わないくせにNHKを批判している人がいるが、未払い者・未契約者はNHKにとってお客様でなくて部外者です。NHKの運営に口出しする権利はないと思います。」と言われたら、「経営方針を決めるNHKの経営委員会が聴取すると法律で決められている人の意見を聞かなくていいとは何事だ」と言うことができるでしょう。

[ ツッコミの受付は終了しています ]
この記事のリンク元 | 1 | 1 |

[日記/2010/September]

さくらんぼ小学校問題に関する件 / 2010-09-11 (土)

ちょっと時流に乗り遅れている感もありますが、今日の話題は「さくらんぼ小学校」の件です。
山形県東根市に2011年4月に開校予定の東根市立小学校の名前をさくらんぼ小学校としたところ、同人でアダルトゲームを作成しているサークルの名前である「私立さくらんぼ小学校」とバッティングしているとしてニュースとなりました。

東根市側は9月9日付けで「市立さくらんぼ小学校」の名称を変更する予定としていますし、「私立さくらんぼ小学校」側も9月9日付で「先方様の学校のご意志が変わらぬようでございましたら、児童の安全を配慮し、サークル名の変更を視野に入れることも考慮しております。(子供や保護者の方々を不安にしてまで、名称を貫こうとは思っておりません)」としております。
これらのことから、今後どのように事態が進捗しても実在の学校名とアダルトゲーム作成をしているサークルの名称が一致したままとなることはないように思われます。

上記の話を聞いたときに、直感的に「同人サークルが小学校を名乗るのはまずかろう」と思ったものですが、法律的にはどのように考えるべきか気になりましたので調べてみました。

まず、「私立さくらんぼ小学校」は2002年以降名称を使い続けているようです。一方「市立さくらんぼ小学校」は2009年に学校の名称を決定したとのことですから、後から名称を被してきたのは東根市側となります。一般的に考えるならば、先に名乗っていた方が後から名乗る方に「同じ名前をつけられると混同されて迷惑だ」というのはありえるでしょうが、その逆は常識的に話として成り立ちにくいでしょう。

では、法律上の小学校でない団体が「小学校」と名乗るのに問題はないかです。私はこの点に違和感を持ちましたし、他にもそう考える方はいらっしゃると思います。
それでは学校教育法を確認してみましょう。

「学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)」より(抜粋)

第一条  この法律で、学校とは、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校とする。

第百三十五条  専修学校、各種学校その他第一条に掲げるもの以外の教育施設は、同条に掲げる学校の名称又は大学院の名称を用いてはならない。
2  高等課程を置く専修学校以外の教育施設は高等専修学校の名称を、専門課程を置く専修学校以外の教育施設は専門学校の名称を、専修学校以外の教育施設は専修学校の名称を用いてはならない。

「学校教育法」より

学校教育法135条によれば、法律上で小学校として認められた以外の教育施設に「小学校」の名称を使用することはできません。逆に言えば教育施設ではない団体の名称に「小学校」が入っていても、学校教育法135条の条文上は問題ありません。

う~ん。これは法律の条文が悪いんじゃないのかなぁ。基本的には法律で「小学校」を名称中に使用できる団体を法律上小学校である団体に限っておいた方がよいように思います。
こう思うのには理由があって、例えば株式会社でない個人・団体が、その名称中に「株式会社」の名称を使用することは違法となっているのです。

「会社法(平成十七年法律第八十六号)」より(抜粋)

(商号)
第六条  会社は、その名称を商号とする。
2  会社は、株式会社、合名会社、合資会社又は合同会社の種類に従い、それぞれその商号中に株式会社、合名会社、合資会社又は合同会社という文字を用いなければならない。
3  会社は、その商号中に、他の種類の会社であると誤認されるおそれのある文字を用いてはならない。

(会社と誤認させる名称等の使用の禁止)
第七条  会社でない者は、その名称又は商号中に、会社であると誤認されるおそれのある文字を用いてはならない。

第八条  何人も、不正の目的をもって、他の会社であると誤認されるおそれのある名称又は商号を使用してはならない。
2  前項の規定に違反する名称又は商号の使用によって営業上の利益を侵害され、又は侵害されるおそれがある会社は、その営業上の利益を侵害する者又は侵害するおそれがある者に対し、その侵害の停止又は予防を請求することができる。

「会社法」より

上記の事から考えれば、法律上小学校でない団体に「小学校」を名乗らさないのは、混乱防止を考えると過剰ではない規制と考えます。(逆に言えば、今回のサークルさんが「私立さくらんぼ学園小学部」と言う名称でしたら、特に法律で要件を定めている小学校ではないですから、私は何ら問題点を感じなかったでしょう。)
名称を法規制すると、○○小学校PTA、○○小学校児童会などのように、小学校そのものと何らかの関係を持った団体の名称中に「小学校」が使用できなくなるおそれがあって、一律禁止も難しいのかな?とも考えたのですが、「○○小学校PTA」が小学校そのものではないことは明らかであると常識的に考えれば、上記の会社法に類似する規定にしておけば問題ないように思えるのですよ。

私としては、一般論としては法律の条文(学校教育法135条のあたり)を見直した方がよいのではないかと考えます。
個別の話としては、実在の児童やその保護者に迷惑のかからないようにしようとする点では両者とも同じ方向性のようですから、良い方向に解決するのではないかと考えています。

注意

本文書を書くに際し、特に専門書を調べたりはしておりません。法律の解釈に誤りのある可能性がありますので、ご了承願います。

変更点

2010年9月20日16時頃 追記

なぜ、『法律で「小学校」を名称中に使用できる団体を法律上小学校である団体に限っておいた方がよいように思』うのかについて、文中での説明が不足していたように思ったので、会社法を引用するなどしてその辺を追記した。

[ ツッコミの受付は終了しています ]
この記事のリンク元 | 1 | 2 |